トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ奈良県 > 花谷神変堂

花谷神変堂

花谷神変堂

胃弱民族の日本人にピッタリ大峯山陀羅尼助(だらにすけ)

胃腸に自信がない方
陀羅尼助丸は江戸時代に和漢胃腸薬として民衆の中に広まり、現代も全国のみなさまにご愛用いただいております。当時から良く効き、定評を受けている胃腸薬です。

花谷神変堂:DATA
住所〒638-0431
奈良県吉野郡天川村大字洞川235
電話0747-64-0047
FAX0747-64-0070
URLhttp://www.ntcs.ne.jp/tenkawa/shop/kau/16.html
営業08:00~20:00休業日 日曜日
駐車場駐車料金 無料
業種漢方薬店、漢方薬・薬草
アクセス(最寄駅)
○近鉄吉野線・下市口駅車で75分
(バス)
○洞川停留所・徒歩10分
お役立ち情報

花谷神変堂の地図

奈良県吉野郡天川村大字洞川235

花谷神変堂の詳細をご紹介!

■取扱商品・サービス内容 事業概要など
■神変堂(じんべんどう)■

<役行者の妙薬>
だらにすけは、白鳳年間(672~686年)に大峯山中で修行をしていた役行者は疫病が流行し人々が困っているのを助けるため山中の黄柏の木の皮を剥いて煎じ薬として人々に飲ませ、疫病から救った。
のちに役行者の従者「後鬼」の子孫の村、洞川「現在の奈良県吉野郡天川村洞川」で村人が、だらにすけの製法を役行者から伝授されたと伝えられている。
そして江戸時代に和漢胃腸薬として民衆の中に広まったとされ、現在も全国のみなさまにご愛用いただいております。

<原料と製造方法>
主原料はオウバク(黄柏)と呼ばれるキハダの樹皮を煮詰めて作る抽出エキスです。
このエキスにゲンノショウコ、ガジュツなどの苦味健胃薬、芳香性健胃薬を配し、現代人に適応した形に成丸、乾燥したものです。

<このような症状の常備薬です>
○胃弱の方、食欲不振、二日酔・悪酔いのむかつき、下痢でお悩みの方、食べ過ぎの方、はき気の方にお勧めの薬です。

○大人(15才以上) 1回 30粒
○11才以上15才未満 1回 20粒
○8才以上11才未満 1回 15粒
○5才以上8才未満 1回 10粒

<ご注文方法>
お電話・FAX・おはがきでお願いします。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方と最新医療について

漢方と言えば、日本では昔から愛されてきた治療法の一つですよね。自然の成分からその人の症状に合った薬を調合し、煎じてもらうことでいろいろな体の不調を直すことができると考えられています。 日本に漢方が渡ってきてから約1500年をかけて、今の立場を確立しつつある漢方ですが、1967年から漢方薬は西洋医学の薬と同じように健康保険が適用となり、臨床現場でも活用されるようになってきたわけです。そして最近では、アメリカで最新医療としても漢方医療は注目を浴びるようになってきたようです。 と

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。