トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬を学ぶ > 漢方医学の歴史

漢方医学の歴史

漢方医学の歴史の画像

中国の伝統医学が日本に渡ってきたのは、6-7世紀ごろと言われているようです。平安時代・鎌倉時代と、漢方医学は日本ではお寺や僧侶などによって勉強され、僧侶などが患者さんを治療していたようです。室町時代になると、漢方医という職業が出現したそうで、室町時代までの漢方医学の歴史は、漢方医学の受容期と言われているそうです。

江戸時代に入ると、漢方医学はとても盛んになったようです。たくさんの村に漢方医が存在し、薬屋さんも出来て、漢方薬を担いで商売をする薬の行商人が、日本の全国各地を旅して回っていました。江戸時代中期には、中国医学ではなく日本独特の漢方医学だけを選ぶ漢方医たちが出てきたそうです。この流れから、中国医学が日本の環境や日本人の体質に合わせた、日本独特の漢方医学へと発展していったわけですね。

ただ、明治時代に入ると、西洋医学を修得したのみ医師として認める法律が出来たために、漢方医学は医療行為とは認められなくなり、漢方医学は衰退期を迎えます。その間の漢方は、薬局や鍼灸師の人の間で、細々と伝承されていたようです。ただし、医療保険制度がなかった時代のため、庶民の間で漢方は浸透していたようです。 戦後はまた西洋医学が盛んになり、健康保険制度が取り入れられるようになって、また漢方医学は停滞したようです。

西洋医学の副作用などがわかってくる昭和50年代前半になってくると、漢方薬が保険適用になる種類も増えたために再び注目を集めたようです。現在では、アメリカなど医療の先進国でも、代替療法として漢方薬に注目が高まっています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の効果

漢方薬は、この病気にはこれ、といった西洋医学に基づいた薬のように、処方される薬はないそうです。漢方医学では、病気はピンポイントではなく、体全体と考えますから、病気が起こるには、体や体質に何らかの原因があって、その体質を改善することで病気の症状が改善されると考えるわけですね。 たとえば、友達の病気にこの漢方がぴったりだったから、自分も同じ病気で悩んでいるし、その漢方を処方してもらえば私の病気も治るわ、と考えるのは間違っているともいえるわけです。お友達の体と、あなたの体では、病

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。