トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬の効果 > 漢方薬で痩せる

漢方薬で痩せる

漢方薬で痩せるの画像

飲んだらすぐ痩せる漢方薬というのは、残念ながらないといえるでしょう。一般的にそのように宣伝・広告されている漢方薬というのは、少し信頼がおけないものだといえます。ですが、漢方薬を服用して、体質改善を図って痩せることは可能です。漢方医学における肥満のタイプ分けと、その対策をご紹介します。

『脂肪太りタイプ』は、暴飲暴食による肥満です。特徴としては、血色がよくバイタリティーも豊富で、大抵お腹が張り出している身体的特徴があります。食べる割に便秘勝ちである場合が多いです。対策として、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や大柴胡湯(だいさいことう)等の処方をします。これは、体内に溜まっている毒素を排出する働きがある漢方薬です。

『水太りタイプ』は、よく水を飲んでも太るといわれている方です。体調不良に悩まされている方が多く、冷え性でむくみやすい悩みを抱えています。防已黄耆湯(ぼういおおぎとう)や五苓散(ごれいさん)などを処方します。水分代謝上げる作用がある漢方薬です。このタイプは女性に多いのが特徴です。

『血太りタイプ』は、産後や更年期などホルモンバランスが影響しているタイプです。女性特有の太り方だといえます。桃核承気湯(とうかくじょうきとう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などをしようします。これは、ホルモンバランスを整える効果がある漢方薬です。

『その他』として、ストレスからくる過食などによる肥満には、加味逍遥散(かみしょうようさん)等の精神不安などの精神神経症状を緩和させる作用のある漢方薬を処方します。また、上記の各症状が絡み合っている混合型の方も、肥満の方には多く見受けられます。ほかの疾患と同様に、やはり専門の漢方医に相談して、個人の特質にあった漢方薬を処方してもらうというのが、最適であるといえます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の歴史

漢方薬の歴史の歴史についてお話します。漢方薬というのは元々は中国の技術でした。平安時代の遣唐使派遣によって、その技術が日本に伝えられたといわれています。もっと詳しくもうしますと、かの有名な鑑真和尚によってもたらされてたと言う説もあります。ひらがなと同じくらい古くからある医療、それが漢方なのです。 もともと漢方薬は、動植物や昆虫など生活の中で得られる成分からなる薬です。中国から伝わった漢方薬は、日本独自の風土を取り入れた処方で受け継がれていくようになりました。おばあちゃんの知

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。