トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬の効果 > 漢方薬の効能

漢方薬の効能

漢方薬の効能の画像

ここでは漢方薬の効能についてお話します。一口に効能といっても、様々なものがあります。病気や症状の数だけ効能があるといっても過言ではありません。一般にしられているのは、葛根湯などの風邪薬でしょうか?昔から、風邪の諸症状に適した、食べ物による処方がありました。葛湯もそうですし、生姜やニンニクなども広くしられた漢方の食材です。鼻炎に効く、小青竜湯や荊芥連翹湯も最近では一般的ですね。

また、更年期障害の症状の緩和にも、漢方の効能が認められるようになりました。加味逍遙散(かみしょうようさん)は、めまい、耳鳴り、目のかすみ、顔色不良、皮膚の乾燥などの更年期特有の症状を抑えます。柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、部、腹部につかえ感や張り感があり、みぞおちを押すと痛むほか、生理痛、イライラなどといった更年期だけでなく月経前症候群の方にも効能があります。のぼせ、ほてり、頭痛、口が渇く、肩こり、しびれ、足の冷え、頻尿、イライラといった、更年期の不快感には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が有効です。

漢方薬の効能というのは、一口に「更年期障害」といっても体質や症状によって適応するものが違うと言うことが重要です。まず、更年期障害だからこの薬というような判別の仕方ではなく、こういう体質でこのような症状の更年期障害の症状だから、この漢方薬が有効というように、詳細な診断と処方によって得られるものなのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の副作用について

漢方薬を服用し始めて数日後に体調不良が起きる方がいます。漢方薬の副作用だと驚かれる方が多いのですが、これは、体調が変化しているという状態で、好転反応である場合がほとんどです。漢方の言葉で「瞑眩(めんげん)」と言いますが、好転反応による体調不良はしばらくして収まります。それ以降は、症状が治まり、体調が良くなってくるのです。主な好転反応の症状は、だるさや眠気、便秘や下痢など、湿疹や皮膚荒れ、目やにが増える、尿の色が濃くなる、吐き気、発汗、そして、発熱や痛みが伴う場合もあります。

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。