トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬の飲み方 > 漢方薬の煎じ方について

漢方薬の煎じ方について

漢方薬の煎じ方についての画像

漢方薬を煎じて飲む、とよくいいますが、「煎じる」というのはどうすればいいのか、知らない方が多いと思います。ここでは漢方薬の煎じ方について、ご紹介します。

まず、「煎じる」ということは、単にお湯をそそいで、お茶のように飲むということではありません。「煮出す」といったほうが、わかりやすかもしれませんね。つまり、薬や生薬を煮出して、エキスを染み出させ、その煮汁を飲むことを「煎じて飲む」というのです。

煎じる容器は、鉄や銅のものは避けて、焼き物かガラス製のものが適切です。ホウロウやアルミのヤカンやお鍋でも大丈夫です。容器の中へ一日分の漢方薬入れ、水から煮ていきます。半分ほど水分が飛びますので、一日分の漢方薬に対して、水は600mlがいいでしょう。火は弱火で、沸騰したら、十分から二十分ほどそのまま煮出していきます。火を止めたら、すぐに煮出した元の漢方薬は、茶漉しなどで除きます。再び弱火で、さらに四十分ほど煮詰めて、水分が半分ほどに減ったら終了です。一回分100 mlほどの煎じ薬が出来上がります。出来上がった煎じ薬は、食間に服用します。温かい状態で飲むほうがいいのですが、夏などは、冷蔵庫で冷やして飲みやすくするのもいいでしょう。

近頃は、手軽なシロップ状の漢方薬もでていますが、やはり効果的なのは煎じて飲む方法です。本格的に漢方薬治療を行いたい方は、是非土瓶の煎じ道具を購入されて、本格的に始められるのもいいと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方医学の歴史

中国の伝統医学が日本に渡ってきたのは、6-7世紀ごろと言われているようです。平安時代・鎌倉時代と、漢方医学は日本ではお寺や僧侶などによって勉強され、僧侶などが患者さんを治療していたようです。室町時代になると、漢方医という職業が出現したそうで、室町時代までの漢方医学の歴史は、漢方医学の受容期と言われているそうです。 江戸時代に入ると、漢方医学はとても盛んになったようです。たくさんの村に漢方医が存在し、薬屋さんも出来て、漢方薬を担いで商売をする薬の行商人が、日本の全国各地を旅し

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。