トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬の知識 > 漢方と生薬の違いについて

漢方と生薬の違いについて

漢方と生薬の違いについての画像

漢方薬に興味があるかたは「自然な生薬配合の」といったフレーズを耳にしたことも、あるのではないでしょうか?この生薬と言うのは、漢方のことを指すのか、それとも生薬と漢方は違うのかと疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。最近生薬の成分を配合している健康食品やお茶などに、漢方の名前がついているために、漢方に興味のある方は混同してしまうようですね。実際生薬とは、どんなものを指すのでしょうか?

生薬は、漢方薬を構成している薬草などの植物の根・葉・皮・果実や種、また動物、鉱物を指すそうで、その生薬を数種類組み合わせて、服用する人の体質や体の症状にあわせたものが漢方薬となるそうです。中国薬物研究所などによれば、生薬の種類はなんと薬草類が278種類、動物類は52種類、昆虫類は18種類、 鉱物類は36種類と、合計で394種類もの種類があるのだそうですよ。気になる方は、それぞれの種類にどんなものが使われているのか、チェックしてみてくださいね。

ちなみに、漢方薬を作り上げている生薬の組合せは、実はその生薬の量や比率など、歴史上で使われた経験などを考慮して安全性の高い組み合わせとなっているようなので、心配はいらないようです。また、生薬の生は、ナマモノの新鮮な生という意味に受け取ってしまいそうですが、生薬の生は、手を加えていないものという意味なのだそう。それから、ヨーロッパなどで用いられる生薬は、ハーブと呼ばれているそうです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の副作用について

漢方薬を服用し始めて数日後に体調不良が起きる方がいます。漢方薬の副作用だと驚かれる方が多いのですが、これは、体調が変化しているという状態で、好転反応である場合がほとんどです。漢方の言葉で「瞑眩(めんげん)」と言いますが、好転反応による体調不良はしばらくして収まります。それ以降は、症状が治まり、体調が良くなってくるのです。主な好転反応の症状は、だるさや眠気、便秘や下痢など、湿疹や皮膚荒れ、目やにが増える、尿の色が濃くなる、吐き気、発汗、そして、発熱や痛みが伴う場合もあります。

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。