トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬の知識 > 漢方薬と鎮痛剤について

漢方薬と鎮痛剤について

漢方薬と鎮痛剤についての画像

漢方薬における鎮痛剤をご紹介します。「JPS 麻杏よく甘湯」は、麻杏よく甘湯の生薬を抽出し、ヨクインを加えて飲みやすい乾燥エキスにしたものです。関節痛や筋肉痛に効果的な漢方製剤です。炎症や浮腫を鎮め、筋肉の張りを和らげて痛みを緩和します。

「JPS 婦人華」は、「当帰芍薬散」と「桂枝茯苓丸」に、ニンジン、カンゾウ・サフラン・ビタミンE(酢酸トコフェロール)を配合した薬剤です。「当帰芍薬散」と「桂枝茯苓丸」は、女性に効果的な生薬です。生理痛などの女性特有の悩みに特化した鎮静剤だといえます。

「釣藤散」は、主に中年期以降の方々に有効な解熱鎮静剤の漢方薬です。胃腸が弱くて市販の鎮痛剤が服用できない方などが鎮痛剤として、活用されています。釣藤散には緊張緩和、末梢血管拡張作用、中枢神経興奮抑制作用があるので、慢性的な頭痛、肩こり、眼精疲労にも有効です。

漢方薬では、冷えからくる胃腸虚弱による頭痛・、吐き気、嘔吐を伴う激しい拍動性頭痛には、「呉茱萸湯(ゴシュユトウ)」を処方します。「呉茱萸湯(ゴシュユトウ)」は、乗り物酔いにも効果がある鎮痛剤さようのある漢方薬です。浮腫みや胃の中に水分が残っているような水分代謝異常から来る頭痛には「五苓散(ゴレイサン)」が処方されます。偏頭痛は、一般の鎮痛剤が中々効かないなどの悩みを抱いている方も多いかと思いますが、漢方薬で体質改善をはかりつつ、症状の緩和を図るのもひとつの対策だと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方で体質改善

最近は現代医療の現場でも幅広く取り入れられ、普及され続けている漢方薬。そんな漢方薬を使って、体質を改善することは可能なのでしょうか?まず、漢方で体質を改善するには、辛抱強く漢方薬を飲み続けることが大切です。 例えば、漢方治療を取り入れている病院を受診し、漢方薬を処方してもらえる場合は、保険が適用されるためにそれほど高額のお金を払う必要はございませんが、たとえば漢方の治療相談だけの料金では初回だけで1万円強、漢方薬が必要と診断される場合で自分に合った漢方薬を調合し、煎じてもら

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。