トップ 漢方薬ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

漢方薬ナビ漢方薬の知識 > 漢方薬の歴史

漢方薬の歴史

漢方薬の歴史の画像

漢方薬の歴史の歴史についてお話します。漢方薬というのは元々は中国の技術でした。平安時代の遣唐使派遣によって、その技術が日本に伝えられたといわれています。もっと詳しくもうしますと、かの有名な鑑真和尚によってもたらされてたと言う説もあります。ひらがなと同じくらい古くからある医療、それが漢方なのです。

もともと漢方薬は、動植物や昆虫など生活の中で得られる成分からなる薬です。中国から伝わった漢方薬は、日本独自の風土を取り入れた処方で受け継がれていくようになりました。おばあちゃんの知恵袋的なものが、漢方薬の基本と言ってもいいかもしれません。そうして、漢方薬は日本に根付き、発展していきました。江戸時代まで、漢方薬こそ日本の医療だったのです。

江戸時代の中期になると、長崎の出島から西洋の医学が入ってくるようになりました。「蘭方」といわれたその学術・医療体系は、その後の日本の医療に大きな影響を与えました。従来の医療であった漢方が、「漢方」という字をあてがわれたのも、その頃です。臨床に基づく実験を踏まえた医学。明治時代になり、世界の間でも天然痘の予防接種という発明があったため、医学の主流は西洋医学になっていきました。

漢方は、科学的ではない、医学ではないものとして扱われるようになったのです。ですが、病気に打ち勝つ抗生物質という西洋医学の薬剤は、人体にとって多大な副作用をもたらします。現代においては、病理の一層よりも、人体の保護と言う観点で、漢方薬が見直されています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


漢方薬ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の効能

ここでは漢方薬の効能についてお話します。一口に効能といっても、様々なものがあります。病気や症状の数だけ効能があるといっても過言ではありません。一般にしられているのは、葛根湯などの風邪薬でしょうか?昔から、風邪の諸症状に適した、食べ物による処方がありました。葛湯もそうですし、生姜やニンニクなども広くしられた漢方の食材です。鼻炎に効く、小青竜湯や荊芥連翹湯も最近では一般的ですね。 また、更年期障害の症状の緩和にも、漢方の効能が認められるようになりました。加味逍遙散(かみしょうよ

漢方薬ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。